スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母 80歳 永眠

日曜日からお泊りで、母の病室で一緒に過ごしてきました

時折呼吸が苦しそうです

お話をしてもあまり反応はないのですが、目を開けてくれます


そんな母が 3/1 朝方4:15より 5時くらいまで、呼吸がすごく苦しそうにしているので、私は顔を洗ったりと身支度を整えて、母の傍に母の手を握り締めずっといました


朝 姉にLINEで、今の状況を説明


7時前後に、母に 話しかけた

私の名前を言うと、痰がらみだったけど、答えてくれているよう♪
そして、姉と母の妹さんもお昼過ぎに来てくれることを伝えたら、話してくれているようだった
私はたまらず涙しながら、母の目を見ながら、ずっと頷き答えていた

母は、分かってくれていたみたい!

お母さん 頑張って~



とりあえず、姉は出勤した

でも、8時半前に、夜勤の看護師さんとお話していたら、゛かなり頑張ってますよ~ 今夜もつといいですね・・・”みたいな事を言われたので、姉にLINEしたら、出勤15分くらいしてから、退社してきたようで、母の所へ駆けつけてくれました


少し呼吸は落ち着いたものの・・・SAO2が安定しない
O2 9~10L 行ったり来たり・・・


そんな状態が続くので、姉は夕食の買出しに10時半くらいから11時半くらいまで出かけた

その間、姉の子ども R大とおじいちゃん、おばあちゃんと一緒にお見舞いに来てくれた
ありがとうございます♪


姉が戻ってくると、少ししたら帰られた

っと、同時に 母の妹さんがお見舞いに来てくれた


しかし、なんだか呼吸が変


兄二人に状況をメールして、次男だけ 駆けつけてくれることになった


12:25  痰を吸引してくれたら、呼吸が荒くなり、目が上向きになって、口から小さい泡がブクブク

あぁ~ もうお母さんは、天に召されるのかな~っと、思い、みんなで泣いていたら・・・ 看護師さんが、O2マスクが外れてます・・・ まだお別れは早かったみたいですね・・・って・・・

が~~~ん 

なんだったんだぁ~~~~  恥ずかしい・・・ やら・・・ お母さん きつかっただろうな・・・・


そして、次男が13:40過ぎに来てくれた

そして、次男が母の耳元で、来たよ~ って言ったら、母は安心したのか・・・ 呼吸が浅くなり・・・ そして、13:53  私、姉、次男、由kさん、妹さんの5人見まもる中息を引き取りました


お母さん 今までありがとう

お疲れ様でした

私たちが、母に一日でも長く生きて欲しいと 医療行為をお願いしてきて・・・ ほんときつかっただろうけど、お母さん 3月まで生きてくれてありがとう

母の好きな桜が見れなかったけど、梅が咲き誇ってましたね


担当看護師さんの満Mさん 色々とお世話になりました。




母を4・5年ぶり 実家に連れて帰ることができました

3/2 湯灌を孫も見まもる中しました
お風呂が大好きだった 母 綺麗になったね
そして、母がよく来ていた ワンピースを着せて、お化粧をして、棺の中に納めました
棺は、ドーム型
布張りのいい棺です
寝たきりが長かったので、お金を使うことがなかったので、葬儀にお金を使うしかありません

そして、祭場へ
お通夜 ⇒ 告別式へと

出棺時は、母の棺の中に、父が買ってくれた ワンピースとか よく来ていた 着物 などなど 入れてあげて、祭壇には沢山のお花があってそれを棺の中に入れてあげました

母はお花が大好きだったよねぇ~


出棺時は、よく口ずさんでいた "りんごの唄”で、送りました

お母さん 亡くなる前に、兄たちからこの曲のことを聞いていたら、聴かせてあげれたのに。。。 残念



告別式、初七日を済ませ、母の温もりを感じられない 骨壷に入れ・・・ しかし、骨壷の蓋の裏側に、 ”笑顔 ”を彫って、母に感謝しながら骨を納めました
父には、"感謝”の文字を・・・

母の腰椎などを少し持ち帰り、4人兄弟で分け合い、小さい容器に入れ、それぞれのお家で祀っています
父の時は、左指の骨が残っていたので、それを容器に入れて兄弟で分け合って持っています。


この世に、両親がいない って、虚しいですね


母は寝たきりだったので、5年くらいはほとんどベッドで過ごしてました。
痛いとかそんな言葉を出さなかったけど、痛かっただろうな~
もっとお話したかったけど、それが出来ない
もう逢うことが出来ない
あぁ~ さみしいけれど、なんだか 母の姿をみるのも辛かった・・・ 
でも、母の顔を見るのが嬉しかった
もう逢えないのは悲しいけれど、母の優しさを忘れず、これからの人生 歩んでいきたいと思います。


お父さん、もうすぐ母が天国へ逝きます
すぐに見つけてあげて下さいね
お父さんも母を残して他界するのに心残りだったでしょう

母の最期を共に過ごすことができて、私は良かった
お父さん、お母さんと天国で楽しく過ごしてください。

私たち兄弟も あと何十年後かそちらに逝くことになると思います。
それまで、幸せに過ごしていてください


お父さん、お母さん 

ありがとう

二人の子どもに生まれてきて良かった

親孝行もあまりできず ごめんなさい

私たちの事を 天国から見守っていてください~


ありがとう
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。