スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院のクリスマス イルミネーション

今日夕方6時過ぎ、母の入院している病院へお見舞いに行った




辺りはもう暗かった


病院の駐車場の柵のまわり、木に沢山の電飾を点け、幻想的な光景を目にした私は、とっても癒された




きれいぃ~の一言




入院している母にも見せてあげたかった






今日は、仕事の帰り 父の家に寄って帰るとご機嫌斜め・・・


体調が悪いとのことで、明日の病院へ行かないという・・・
体調が悪いから病院で診てもらう事を言っても聞かない・・・



いつもの私は感情的になって言うのに、今日は 失礼ながら、子どもを諭すように ゆっくり分かりやすく話すけど、わかってくれない



最後は、もう帰れっと一点張り


私は帰りがけに、“怒る元気があるなら大丈夫やね。怒る元気があるっちゃけん、しっかりせないかんよ”とだけ言って、バイバイして帰った



私は、車の中で泣いた・・・



父の性格は分かっているものの、私の心は傷ついた・・・


しかし、そんな性格の父を受け入れてきたのだから、今さらどうしようもない


父の人生 そんなんでいいのか・・・



損をしてるなぁ~と思いながら・・・




一日でも長く元気でいて欲しいのに・・・




この頃は、足も痩せ細って棒のよう・・・


前のように、威厳もどこかしらなく、弱々しい



自暴自棄になってるところもあるから、私が感情的にならず もう来るなって言われても、行って話し相手になってあげたい



私にはそんな事しかできなくって、親孝行といえるほどの事はできない・・・




でもね・・・お父さん  



小さな背中をみていると 悲しくなるよ

小さい頃は、あんなに大きな背中だったのに・・・



いつのまにか年を老いて、小さくなってきている・・・



そして、私もいつまでも20代ではない事を、実感する



父と同じように年を老いている


でも、私は 高齢者になっても何かにチャレンジする精神だけは忘れたくない




お父さん


もっと自分を大事にしてね



私は、もっともっと父の元気な姿を見ていたいよ




今日母のお見舞いに行って、お話してきたんだよ




明日父を連れてくるねって




待っとってねぇ~って




母は、待っとくよ~ っと、笑顔で答えてくれた




笑顔の母をみていると 元気な頃の母のように、ベッドから起き上がって今にも歩きだしそうな感じだ




母がまだ病に倒れていなかったら・・・ 


そう思うと涙が出る・・・




一緒に色んな所へいって、見て楽しんでいただろうな~



まだまだ元気で100歳くらいでも元気ピンピンの母だったと思う・・・




こんな姿にしてしまったのは、私の原因でもある・・・と思う・・・




ごめんね・・・



寝たきりになった母・・・



認知症もすすみ・・・



しかし、会話はなんとかできる




すごい生命力だなぁ~と思う




お父さんもお母さんも ずっとずっと元気でいて欲しい




旦那のお父さんのように、70歳近くになろうとしているのに、まだ母がいる・・・



私は、まだ35歳・・・


まだまだ一緒にいたいよ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。