スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二回 手話教室

今日は、第二回 手話教室の日



手話に出会ったのは、父が聴覚障害の方を家に連れてきたり、職場で手話でお話をしていた


っというのも、ジェスチャーみたいな感じだったけど、相手には理解できてたみたい



そして、二十歳の時、先輩が手話で会話をしているのをみて、手話っていいなぁ~っと軽い気持ちでみてました




数年後、ゆっきぃ~の幼稚園のお遊戯会で、母の会のお母さん50人くらいで、手話で、kiroroの未来へとクリスマスソング二曲を披露した


それをきっかけに、今のお仕事のクリスマス会では、必ずクリスマスソング一曲を、手話で歌を披露し、教えています。


手話と言えるのは、このくらいしか知らないし、年一回手話に触れるのではなく、もっと一年通して手話に触れて、視野を広げたいと思い、手話教室へのドアをたたいた


第一回目の手話教室は、イメージが大事との事で、動物や物をイメージして、グループで発表しあいました



今日は、聴覚障害の方の生活についてのお話でした。


印象的だったのは、聴覚障害の方の車には、蝶々のマークがあって、車の前後に貼るんですって


知りませんでした。




病院へ行ったりするのも困るし、講演やいろんなところで手話がないと理解ができないことがあるとのこと



聴覚障害には、二種類あり


補聴器があれば、少し聴こえる


補聴器をしても雑音で聴こえない ?という方がいらっしゃるそうです




私は、今介護福祉の課にいますので、聴覚障害の方が窓口に来ることはあると思います。

って言っても、今まであまり気にしてなかったのですが・・・



そんな方たちとお話しができればと思いました。



お話をしたい方が沢山いらっしゃると思います。



もっと手話の事を知り、もっと手話のできる方が増えるといいなぁ~と思います。



二十回の講義で、少しでもお話ができるように、しっかりお勉強をして身につけたいと思います。








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。